YUDA WOOD PRODUCT COMPANY
ユダ木工株式会社 Tel 0829-34-2777 Fax 0829-34-2778

ちょこっとエコのコラム 6

2017年08月07日

 

前回、蒸気式乾燥機についてお話しました。
蒸気をつくるためにはボイラーが必要です。そしてボイラーを運転 するためには燃料が必要です。
ユダ木工では、燃料として木くずを使用しています。
工場で出た端材をチッパーで粉々に粉砕し、これを燃やした熱で蒸 気を作ります。
以前は灯油と木くず半々を燃料に運転していましたが、より性能の 良い乾燥機とボイラーを導入してからはほとんど木くずのみで運転 できるようになりました。

 
ユダ木工は、できるだけ枯渇性資源に頼らず、再生可能でクリーンなエネルギ ーを活用していきたいと考えています。
灯油などの化石燃料には、大昔の大気のCO2が蓄えられています 。これらを燃やすと、その分現代の大気にCO2が増加していくこ とになります。
一方、樹木は成長過程で現代の大気からCO2を蓄えます。燃える ときに大気に帰り、再び成長するときにCO2を蓄えます。木材を めぐる炭素はこのように循環しているため、CO2を増加させませ ん。植物等バイオ燃料のCO2排出量がゼロカウントとして扱われ るのはそのためです。
また、木材を無駄にせず活用することは、処分費用や灯油購入等の コストの削減にもなります。

 

ユダ木工のエコへの取り組みは、もともと「もったいない精神」か らはじまりました。木材の端材を捨ててしまうのがもったいない、 お金がもったいない…と工夫していく中で、ものを大切に使うこと は環境にも優しいことなのだと再確認いたしました。
大切な資源を無駄なく有効に活用し、これからも環境にやさしい会 社づくりを進めていきたいと思っております。
「葉っぱの世紀のはじまり」でした。